シネマとうほく


ホーム > ハードル
かいせつへ
ものがたりへ
スタッフへ

DVD・VHSご購入はこちら
ついに完成!いよいよ県内上映開始!
 未来を担う子どもたちの健やかな心の成長は、社会の大きな願いです。
昨今、子どもたちの間には不登校、少年犯罪、いじめなどの問題が急増していますが、それは実は社会がつくりだしたものなのかもしれません。21世紀を生きる子どもたちが、自分と人とを大切にし、正義と勇気をもって生きていける社会にするために、私たち大人が子どもの命と心を守っていかなければなりません。

  本作品は、ベストセラーとなり、アニメ映画としても大ヒットした青木和雄氏原作「ハッピーバースデー」に続く、子どもたちの心の声を描いた物語『ハードル』のアニメ映画化です。
映画化には、物語の舞台となる宮城県古川市と神奈川県横浜市の市民グループが、1枚1000円のひとコマ製作券を販売し、90分12万コマになるフィルムの製作を応援する運動を展開しました。主題歌を人気のフォークデュオ“ゆず”が担当。制作は高いアニメ制作技術を持つマジックバスと、「蒼い記憶」、「アテルイ」、「ハッピーバースデー」などを監督し、高い評価を得ている出崎哲監督です。


ものがたり
 横浜に暮らす有沢麗音(レオン)は、小学6年生のある日クラスメートの万引きを目撃してしまいます。中学受験を控え、心にストレスを抱えている時でした。しかしある理由から麗音は犯人と誤解されます。大人たちの態度に麗音は深く傷つきますが、友人と文房具店のおばあさんの言葉に救われ、心の輝きを取り戻します。

  やがて中学生になった麗音は、父の失職と両親の別れによって、東北の古川市にある母の実家に家族三人で暮らしはじめます。自然に囲まれ、心も、友達との輪も大きく広がっていきます。ところが、バスケ部への入部を断ったことでいじめの標的とされ、とうとう生死の境をさまよう事件が起こります。波風が立つのをおそれて真実を隠そうとする大人たちに対して、子どもたちは立ち上がります。正義を守るために、勇気を奮い起こして・・・。

子どもたちへの想いを、唄にこめて。

「なにもない」をテーマソングに選んでいただいて本当にうれしく思っています。この曲は僕たちが横浜伊勢佐木町で路上ライブをやっていた頃の曲で、まだそんなに曲がない中で、心を込めて何度も唄ったという想い出があります。

人知れず悩みを抱える子どもたち、
その「心の叫びを」を見逃している大人たちへ。
私たちは メッセージを送り続けます。
だれか、死ぬ方法を教えて。
いじめにあってつらい日々を送っていたあなたの悲痛な叫びが、耳に残っています。その叫びを真摯に受け止めて、本を書いてきました。思いつくかぎりの希望と、悲しみを乗り越えるいくつもの勇気を。あなたに。今日を大切に生きてほしいと願いながら、、、。
そんな思いを胸に書き綴った「ハードル」を 是非DVD、ビデオで多くの皆さまにご覧いただければ幸いです。

青木和雄


ものがたり
監 督/
原 作/

キャスト/












主題歌/
脚 本/
キャラクターデザイン・
絵コンテ/
アニメーション演出/
総作画監督・作画監督/
作画監督/
美術監督/
色彩設計/
撮影監督/
音響監督/
制作プロデューサー/
アニメーション制作/
音 楽/
製作協力/


後 援/

特別協賛/
出崎 哲
青木和雄・吉富多美
(ハードル 真実と勇気の間で/金の星社・刊)
 
岸尾大輔
皆川純子
土井美加
千葉一伸
高森奈緒
鈴村健一
日下ちひろ
福山 潤
稲垣隆史
谷 育子
浅野史郎
さとう宗幸

「なにもない」 歌/ゆ ず(セーニャ・アンド・カンパニー)
小出一巳・末永光代

四分一節子
棚橋一徳
小林ゆかり
松坂定俊・山本径子
小林七郎
西川裕子
岡崎英夫
清水勝則
三上鉄男
マジックバス
中島優貴
アニメ「ハードル」をつくる古川・大崎・みやぎの会 
アニメ「ハードル」をつくる横浜・かながわの会 
古川市 横浜市
法務省人権擁護局 全国人権擁護委員連合会
財団法人 人権擁護協力会
東北福祉大学 株式会社NTTドコモ東北
大崎地域広域行政事務組合



シネマとうほくへのお問合せはこちらへ


All Rights Reserved, Copyright ?2003,Cinema Tohoku Co., Inc. Japan.
会社案内 リンク 掲示板 トップページへ戻る