この上映会は、
文化庁の「コロナ禍を乗り越えるための文化芸術活動の支援事業」
の助成を受けて行われます。

作品情報

ABOUT

マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ

photo「マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ」(c)ina

メッセージ

昨年2月、突然日本を襲った新型コロナウィルスの感染拡大は長期にわたり、社会のあちらこちらに暗い影を投げ落とし、社会に内在していた数々の問題点は一気に顕在化して、社会的弱者を直撃しています。
そんな今、コロナ禍で疲弊した社会に、いささかでもの元気をお届けしようと、私たちはこの企画を計画しました。
皆様方のご来場を心よりお待ち申し上げます。

photo「マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ」(c)ina

作品概要

1977年9月16日 享年53歳で死去したマリア・カラス。その若すぎる死から40年あまり。史上最高の歌姫とまで称せられたマリア・カラスは未だその輝きを放っています。
そのカラスが満を持してパリ・オペラ座にデビューしたのが1958年12月19日でした。
本作品は、そのガラ・コンサートの模様を撮影したライブ映像で、現存するマリア・カラスのアーカイヴ・フィルム中、最も完全な形で彼女の絶頂期を伝える貴重なものです。バックステージでのカラスを捉えたショットや、ガルニエ宮時代のオペラ座の様子なども必見です

《演目》

*ラ・マルセイエーズ(フランス国家演奏)
*ヴェルディ『運命の力』序曲
*ベッリーニ『ノルマ』より《清らかなる女神よ》ほか
共演:アルベール・ランス(テノール)
*ロッシーニ『セビリアの理髪師』序曲
*プッチーニ『トスカ』第2幕
共演:
ティト・ゴッビ(バリトン:スカルピア)
アルベール・ランス(テノール:カヴァラドッシ)
ルイ・リアラン(テノール:スポレッタ)
ジャン・ポール・ウルトー(バス:シャルローネ)

《指揮》

ジョルジュ・セバスティアン

《演奏》

パリ・オペラ座国立劇場管弦楽団、合唱団

《収録》

1958年 12月19日 パリ・オペラ座(ガルニエ宮)

フランス/ 115 分/モノクロ/スタンダード/イタリア語(歌唱)・フランス語(ナレーション)/日本語字幕/配給:T&K テレフィルム Ⓒina

上映スケジュール

2021年10月7日(木)
①14:30 ②18:30
仙台銀行ホール イズミティ21
小ホール

仙台市泉区泉中央2-18-1
仙台市営地下鉄南北線・泉中央駅 北改札口から徒歩5分「北3出口」
バス停「地下鉄泉中央駅」より徒歩5分

トーク(1回目上映前のみ)

佐藤 淳一氏 (さとう じゅんいち)
東京藝術大学声楽科卒業。同大学院独唱科修了。1990~1991年ミュンヘンに留学。1992年より仙台オペラ協会演奏部会員。現在、同会演奏部会員代表ならびに芸術監督。尚絅学院大学こども学類教授

ご入場の際はマスクの着用をお願い致します。
入り口での検温・手指消毒・ご記名など、新型コロナウイルス感染予防対策にご協力をお願いいたします。

チケット

前売り券
2,500円(一般・シニア・大学生)
当日券
一般・シニア 2800円
大学生 2600円
中高生 800円

(各回時間指定、自由席)
※未就学児は入場できません
※感染対策の一環で、お求めのチケット所定欄にお名前・ご住所・お電話番号をご記入いただき回収しております。ご了承願います。

チケットのお求めはこちら

【プレイガイド】

仙台銀行ホールイズミティ21、仙台三越、カワイ仙台

【事務局】

住所、氏名、フリガナ、電話番号、Eメール、ご希望枚数をフォームまたはお電話にてお申込みください。
事務局 シネマとうほく
電話 022-225-0986
FAX 022-268-5264
主催 河北新報社、シネマとうほく
後援 :(一社)仙台オペラ協会、あとりえ横山、朝日新聞仙台総局、毎日新聞仙台支局、産経新聞社東北総局、tbc東北放送、仙台リビング新聞
お問合せはシネマとうほくまで

photo「マリア・カラス 伝説のオペラ座ライブ」(c)ina